top of page

「彼女の特徴は、まずはその歌声。Hiatus KaiyoteのNai PalmやJamila Woodsなどをほうふつとさせるソウルフルでなめらかなヴォーカルには、うっとりしてしまいます。また、その歌をコントロールするスキルの高さも見事で、スモーキーな低音ヴォイスから透明感あふれる甘美な声色まで、多彩な響きを自在に操ります。」

-by TOWERDOORS

Home: Welcome

Leona Isabella (レオナ・イザベラ) 

落ち着いた哀愁溢れる空間を甘いメローボイスで創り上げる、日本とドイツの血を引くシンガーソングライター。

東京生まれ東京育ちの彼女の音楽的スタイルはR&B、ソウル、ジャズが混合した聴き心地となっている。

彼女の唄は、心とアイデンティティの自由を象徴しており、「ハーフ」として日本で育った経験を活かしつつ、新しい日本の音楽を探し求めている。

2020年7月、デビューシングル「Floating/浮遊」をデジタルリリース。2020年8月には日本アカデミー賞受賞者、曽根剛監督の手掛けたMVを公開。

今年2022年に初となるEPがリリースされる予定。

Soft but assured, Leona Isabella's sweet and heartfelt mellow vocals meld jazz and soul elements into a new experimental form of Japanese music.

The Singer-Songwriter tells a story of identity freedom and finding the true "self" in the ever-changing busy city Tokyo, Japan.
Her first EP is set to come out in 2022.

IMG_2986.JPG
Home: Instagram Widget
IMG_0165_edited.jpg

INTRODUCING
LEONA ISABELLA

東京生まれ東京育ちのドイツと日本の血を引くシンガーソングライター。

幼少期にピアノとバイオリンを学びつつ、8歳でミュージックスクールにて声楽を学び始める。 

16歳で歌のコンペに参加し、K-Ci&Jojo のオープニングアクトを務めることになった以来、唄うことを自分の使命と確信し、ジャズ、R&B、ソウルを好む中、彼女の唄の旅が始まった。

その後、父の母国であるドイツへと渡り、大学時代に多数のテレビ番組オーディション(The Voice, X Factor etc.)に参加。

大学卒業後、日本へ帰国し、シンガーソングライター/ジャズボーカリストとして、東京を拠点に音楽活動を開始。

 

2020年7月にはベーシスト、小泉P克人プロデュースの初のシングル「Floating/浮遊」をデジタルリリース。

その後日本アカデミー賞受賞の曽根剛監督が手掛けたMV“Floating/浮遊“を公開。

現在初EPを製作中。

​Leona Isabella, is an independent artist based in Tokyo, Japan.

The Japanese-German Singer-Songwriter/Jazz Vocalist grew up in Tokyo, Japan. 

She began her musical journey at the age of 8, receiving classical vocal training while also studying the violin and the piano. 

As a teenager she started writing songs about her own identity crisis and the struggles of living life as a multiracial individual in Japan.

At the age of 16, she won first place at the Yokohama Bay Hall Open Mic Competition which led to her performance as the opening act of K-Ci&Jojo and Bobby Valentino. After graduating high school, Leona moved to Germany, Hamburg to attend University, where she actively auditioned for TV Shows such as the X Factor (Germany), The Voice of Germany, Das Supertalent, Deutschland sucht den Superstar, etc. 

​​

Her music and words tell a story of identity freedom and finding truth in the authentic self.

She often addresses the myth of ethnocentricity and homogeneity inside Japan with the aim to spread awareness on multiracialism in the country.

Her first digital single "Floating" was released in 2020.

The music video was directed and shot by the Japanese Academy Award Winner Sone Takeshi.  

She is currently working independently on her first EP which is planned to come out some time in 2022.

デビュー・シングル “Floating”は、彼女の美しい歌声がネオ・ソウル調のサウンドに融和した、極上のメロウな楽曲です。

蜂蜜のように甘美で、ほのかにスモーキーな歌声に圧倒される一曲。古き良きソウルサウンドと、モダンな響きを持ったメロウなメロディーが折り重なり、陶酔的な仕上がりをみせている。」

-by TOWERDOORS

​​

bottom of page